menu

認知症予防研究所

認知症のサプリメントは摂取するだけで本当に効果があるのか?

今後ますます高齢化社会が進行することが予想される日本では、認知症予防や対策をどのようにするかということが重要になってきます。現在、認知症予防や対策として生活習慣の見直しとともに認知症サプリメントを利用することが増えてきました。

ですが、本当に認知症サプリメントは摂取するだけで本当に効果があるのでしょうか?ネット上での口コミによる評価や評判などの情報をまとめて解説していきたいと思います。

認知症のサプリメントは摂取するだけで効果を期待することができる
結論を先にお伝えすると、認知症のサプリメントは摂取するだけで認知症予防や健康増進の効果を期待することができます。認知症予防のためのサプリメントの摂取を生活習慣の見直しと同時に行ったり、作業療法やリアリティ・オリエンテーションといった方法を組み合わせて使うことでその効果を上げたり、そういった特別な努力に時間を割かなくても摂取のみでプラスの結果を期待することができます。

もちろんどのようなサプリメントでも良いということはありません。認知症のサプリメントに限らず、良い製品もあれば粗悪品もあります。ここではもちろん良い認知症に限ったことを述べるのですが、選び方を間違えなければ効果があるのがサプリメント。

それは何故かというと、サプリメントは体が必要としている栄養成分を補給してくれるから。中国には同物同治という考え方が古くからあります。体の悪い部分を治癒するために、食事などで同じ部分を摂取するというもの。肝臓が悪ければ動物のレバーを、筋肉疲労であれば赤身肉を食べるなどといった風に利用されます。これは科学が発達する前に数千年前から続けられてきたことですが、科学が発達して栄養成分などが解析されるにつれ、概ね正しいことが証明されました。

人間が健康な体を維持するためには多様な栄養を万遍なく摂取することが重要です。特に体内で合成することができない必須アミノ酸やミネラル、ビタミンなどは欠かすことができません。体に悪い部分ができた場合はこういった普段の健康維持以上に、回復するための栄養成分が必要となります。それを目的にするのが同物同治の考え方であり、現代ではサプリメントの摂取なのです。

ただし効果効能の幅はサプリメントの善し悪しによって変わる
摂取するだけでプラスの効果効能を期待できる認知症サプリメントですが、やはり利用するサプリメントによっては結果に幅がでてきます。もしも認知症予防にサプリメントを利用する場合はネット上での口コミによる評価や評判を参考にして最適なものを選ぶようにすると良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新ニュース