menu

認知症予防研究所

認知症予防で使うサプリメントのメリット・デメリット

サプリメントで認知症予防
手軽にできる認知症予防として、サプリメントが話題を集めています。
認知症の予防には生活習慣の改善など、様々な予防法がありますが、サプリメントは手軽にできて効果も高いという点が人気の秘密なのかもしれません。
今回は認知症予防に効果があるサプリメントのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

認知症予防に効果があるサプリメント
認知症予防に効果があるサプリメントには様々な種類が存在します。サプリメントは成分が同じでもいろいろな会社が発売しているというのが一般的ですが、認知症予防のサプリメントはそれぞれ成分が違うというのが特徴です。成分が違うのでいろいろあって迷ってしまうと思いますが、効果があるのは同じなので、症状別に選ぶのがオススメです。

オススメサプリメントのメリットとデメリット
・エグノリジンS
医療機関でも取り扱いがあるエグノリジンの一般版。脳神経細胞のシナプス伝達の活性化を助けるホスファチジルコリンの中でも、記憶能力を向上させるPOホスファチジルコリン、学習効果を向上させるDLホスファチジルコリンの2種配合したサプリメントで効果にも期待が持てるサプリメントです。効果は高いですが、普通の薬局では売っていないのと値段が高いのがデメリットです。

・フェルラブレインPLUS
アルツハイマー病の改善や予防に効果のある「フェルラ酸」、脳の栄養素になる「ホスファチジルセリン」、脳の血流を上げる「ビンマカイナー」、ご存知「DHA」を配合。どれも嬉しい栄養素ばかりですが、含有量は少なめだとか。一日辺りの金額は200円未満なので安いのは嬉しいところ。

・プラズマローゲン
テレビでも特集された人気のサプリメント。名前の通りプラズマローゲンを多く含んだサプリメントです。酸化を防ぎ老廃物を排出させることで認知機能の低下を和らげるのだそうです。プラズマローゲンが認知症の予防に直接効果があるかどうかははっきりしていないため、他の予防策と併用するといいでしょう。

・オメガ3クリルS
みなさんご存知のDHA・EPAの含有に重点を置いた製品です。認知症予防に、ということを直接押してはないもののDHA・EPAが脳の神経細胞を活性化させることに効果が高いのは実証済みです。DHAは食品でも摂取できるので、認知症予防というよりは日々の健康のために良いでしょう。

サプリメントは補助に効果的
サプリメントによる認知症予防対策は、お手軽にできるというメリットがありますが、半面補助にすぎないというデメリットもあります。サプリメントによる予防だけではなく、生活習慣の見直しと併用することではっきりと効果があると言えます。
サプリメントによる認知症予防は、なにから始めたらいいかわからないという人にとっての最初の一歩としてオススメできます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。