menu

認知症予防研究所

CATEGORY認知症の症状

どうして認知症になると徘徊してしまうのか。その対策は?

認知症の徘徊 家族が認知症になってしまった際に起こる問題一つに、「徘徊」があげられます。家の中に限らず、勝手に外出して絶えず歩き回っているので、家族としては心配にもなりますよね。本人は目的があって歩いているとは思いますが、家族が知らないう…

続きはこちら

自宅に帰れない認知症患者

近年では、高齢化社会が進んだことにより自宅に帰れない認知症患者が増加しています。様々な要因により、潜在的に認知症となる可能性がある高齢者は4人に1人といわれるようにもなり、国を挙げての対策に乗り出しているのは御存知の通りです。 認知症…

続きはこちら

家族が認知症になっていることに可能な限り気付く方法

認知症は早期発見・早期治療が望ましい病気です。認知症予防をしていたとしても、もしも家族が認知症になってしまっていたとしたら可能な限り早く気付くことが重要。そうはいっても、認知症とは早期発見自体が困難な病気としても有名です。 認知症の早…

続きはこちら

認知症予防のつもりが症状を悪化させるケース

認知症予防のつもりが逆に症状を悪化させてしまったり、進行を早めてしまったりする場合があります。ここでは、認知症予防のためにやるべきことですが、やり方を間違えて症状を悪化させたり認知症の進行・発症を早めてしまうケースについてご説明してそれを回…

続きはこちら

見当識障害とは認知症の中核症状の1つ

見当識障害とは認知症の中核症状の1つです。 見当識障害とは、自分の置かれた状況を正確に把握できない障害のことであり、認知症の中核症状のひとつです。見当識障害では、特に時間・場所・人物に関する識別や状況把握に問題が見られます。具体的には…

続きはこちら

さらに記事を表示する