menu

認知症予防研究所

認知症チェックシート

30点満点中20点以下なら可能性が高いと言えます。

あなたの年齢は?
前後2年は間違えてもOK 〈配点1点〉
今日の日付と曜日は?
年(和暦、西暦でもOK) 〈配点1点〉
月 〈配点1点〉
日付 〈配点1点〉
曜日 〈配点1点〉
ここはどこですか?
自分から返答できた場合 〈配点2点〉
「①家、②病院、③施設の」中から選択できた場合 〈配点1点〉
これから私が言う言葉を繰り返して言って下さい。
い)か、ろ)のどちらかを選んで出題して下さい。
い):①梅、②猫、③電車〈3つの言葉の内、1つ言えるごとに配点1点〉
ろ):①桜、②犬、③車〈3つの言葉の内、1つ言えるごとに配点1点〉
数字の100から7を引くといくつになりますか?
正解の場合〈配点1点〉で、さらに7を引いた数を聞いて、
 言えた場合追加で〈配点1点〉
不正解の場合は、さらに7を引いた数は聞かない。
これから数字を3つ言いますので、
さかさから言って下さい。
①4-9-2
②8-1-5-2(①が言えた場合にのみ②も出題して下さい)
〈1つ正解につき、配点1点ずつ〉
4番目に出題した言葉3つをもう一度言って下さい。
正解できた場合〈配点:1つの言葉につき2点ずつ、3つ正解で合計6点〉
ヒントを上げて、答えられた場合〈配点:1点ずつ、3つ正解で合計3点〉
これから色々なものを5つ出します。
その後、見せたもを隠しますので、覚えて下さい。
ものの名前を言いながら1つずつ並べて覚えて貰って下さい。
次にそれを全部隠して下さい。
例):文具、たべもの、食器、本、スマホなど無関係なものを出して下さい。
〈配点:1つずつにつき1点〉
あなたの知っている野菜を
できだけたくさん言って下さい。
答えた野菜をメモして、しばらく待っても何も出て来なくなったら
終了して下さい。
〈配点:0~5個:0点、6個:1点、7個:2点、8個:3点、
9個:4点、10個:5点)
合計30点

認知症予防対策方法

認知症予防には、下の5つのポイントがある。

1. 食事
認知症を予防するには、バランスの取れた食事。特にきのこや乳酸菌など腸内環境を整える菌類を多く摂る事です。
2. 睡眠
良質な睡眠は、体のあらゆる部分を再生します。一度消滅した脳細胞は再生できませんが、睡眠によって損傷を抑える働きがあります。
3. 運動
朝起きて直ぐの体操から始まり、楽器の演奏や裁縫、料理などは認知症予防に効果を上げています。
4. コミュニケーション
他人との会話は、脳を活性化し、特に異性との会話は認知症予防に効果があります。
5. 接触
手を繋いだり、背中をさすったりといった、他者との触れ合いによって、認知症予防効果があります。

認知症予防食品

認知症を予防してくれる食品は、菌類のヤマブシタケに含まれるヘリセノンBが血小板凝集を防いでくれることが分かり、非常に有効である実験結果が出ています。
その他には、乳酸菌やビフィズス菌、イチョウ葉のエキスなどが有用性が認められています。これらは、食品ではたくさん食べにくいものですので、サプリメントも活用して下さい。
食品で食べやすいものは、魚や大豆食品、コーヒーやココナッツオイルなどがあります。

認知症予防のためには

はじめに
認知症の増加が大きな社会問題となっている。
現在ドネルベジルが認知症に適応があり、また新しい薬剤が4種発売されたが、いずれもアルツハイマー型認知症に対する適応のみであり、レビー小体性認知症や血管性認知症には有用な薬剤がないのが現状である。そこで長野県中信地方にて昔から認知症に効果があるとされていたヤマブシ茸と北里大などの研究でChAT活性化効果があるとされる加味温胆湯を認知症患者に投与し、その効果を2年にわたり追跡調査を行った結果、ヤマブシ茸の効果が認められた。

水嶋丈雄
水島クリニック
水嶋丈雄
〒385-0052
長野県佐久市市原567-7

認知症予防サプリメントランキング

1位記憶の素

ホクトのヤマブシタケ「記憶の素」は認知症予防サプリメントの中でも特に優れている商品です。その最大の特徴は、やはり原料のヤマブシタケ。ヤマブシタケは日本に広く発生する食用キノコの一種で、昔、山中で修行をしていた山伏の装束についていた飾りに形が似ていたことが名前の由来のひとつ。他のキノコにはない必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、そしてβグルカンという有効成分が豊富に含まれています。

2位ラクトシア

認知症予防サプリメントとしてのラクトシアの価値とは?ラクトシアは、御存知のように特殊な10種類にも及ぶ乳酸菌とビフィズス菌が配合されたサプリメント。ですが、最近このラクトシアが認知症予防サプリメントと併用することで良い結果を生むのではないかとネット上での口コミでの評価や評判にもなってきています。その理由は、ラクトシアをサプリメントとして利用することで、脳内物質であるセロトニンの合成を促す効果が認められているからなのです。

3位イチョウの葉エキス

イチョウの葉エキスを認知症予防サプリメントとして利用する人が増えています。知らない人にとってはイチョウの葉が?と意外に思うかもしれません。しかし、実はイチョウには思考に影響する有効成分があったりして、特に北米では貴重なハーブとして重用されているのです。つまり、イチョウの葉が商品になるということなのです。日本人にとっては「銀杏は匂いが酷いけれど処理すると旬の味覚でおいしいなあ」という感覚でしょうが、その葉に絶大な健康効果が隠されていたのです。

4位きなり

認知症予防サプリメントとしてのきなりの効能・効果について。2年連続モンドセレクション最高金賞を受賞した「きなり」が話題になっています。「きなり」はDHA・EPAを高純度で配合したサプリメントで、その効果には絶対の自信があるのか、15日間返金保証までついているので、安心して試すことができます。きなりに含まれているDHA・EPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれ、青魚由来の血液をサラサラにする効能・効果があります。

5位プラズマローゲン

認知症予防サプリメントの決定版ともいわれるプラズマローゲンとは。今、認知機能の低下を予防する認知症予防サプリメントとして、プラズマローゲンが注目されています。プラズマローゲンは加齢やストレス・寝不足などがもたらす体内での老廃物の蓄積・酸化を改善し、細胞の活性化力の低下を防止することによって物忘れなどの脳の老化現象・認知力の低下をやわらげる効果が認められています。

6位サポートメモリープレミアム

認知症予防サプリメントの中でも、サポートメモリープレミアムが今大きく話題になっています。サポートメモリープレミアムを使用する人は、「同じ事を何度も言ったり聞いたりしてしまう」「物や人の名前が思い出せない」「置き忘れ、しまい忘れ、どこに何があるのかを忘れてしまう」といった方。サポートメモリープレミアムは、初期の認知症の可能性が疑われる段階から摂取することにより、状況の改善を期待することができる「ホスファチジルセリン」を主要有効成分が含まれているサプリメントなのです。

7位ジオフェルンZ

ジオフェルンZは、山芋由来の成分を中心として、脳を若々しい状態に保つことで認知症予防の効果を期待できるサプリメント。ジオフェルンZの中核となる有効成分は山芋に含まれるジオスゲニンという物質。ジオスゲニンはホルモンの調整や改善に役立つとともに、神経細胞の傷を修復する機能があります。ジオフェルンZはこのジオスゲニンを中心として、さらに認知症予防に効果的なビタミンやミネラルを配合することで、優れたサプリメントとして完成しました。

8位イチョウリーフ

健康家族のイチョウリーフは認知症予防サプリメントに最適。創業40年の実績と伝統を有する健康家族が、認知症予防に役立つサプリメントをリリース。それがイチョウリーフ。イチョウリーフには、イチョウ葉エキスのみではなく、アマニ油、DHA、シソ油、ビタミンEといった老化防止・健康成分が豊富に配合されています。しかも、安心安全の印として、公益財団法人・日本健康・栄養食品協会の厳しい規格審査をクリア。毎日体に入れる物だから、健康に良いものをだけが欲しいという方におすすめです。

9位リファブレン

最近うっかりミス、ぼんやり、そして人の名前が思い出せない・・・そういった自分に危機意識を持っているあなたにおすすめしたいのが、リファブレン。リファブレンはココナッツオイル、DHA、イチョウ葉エキス、フェルラ酸、ヒハツエキスを配合した「考える力」にアプローチする認知症予防サプリメント・健康補助食品です。年齢に負けず、家族に頼らず、自分の力で前向きに聡明な日々の暮らしを送りたい、そういったあなたの願いを強力にサポートします。

10位アルツナイン

アルツナインは年齢を恐れず楽しく毎日を楽しむあなたをサポートする認知症予防サプリメントの中でも、特に人気の商品です。その主成分はPC-DHAとフェルラ酸であり、それが最良の効果を発揮するように製造方法にも工夫がされています。そして何よりも、初回無料&返品保証という圧倒的なサポート。注文をして万が一体に合わなかった場合、全額お金が戻ってきます。その点からも、アルツナインが優れた商品であり、自信を持って開発されたことが分かりますね。

LATEST ENTRIES

認知症予防・治療に関する国の取り組みにはどのようなものがあるのか?

認知症予防に関する国の取り組み 日本が高齢化社会に突入するということもあり、認知症予防にたいしての関心は日に日に高まっていると言ってもいいでしょう。しかし、高齢化社会に突入するということは、もう何年も前から言われていたにも拘わらず、認知症…

続きはこちら

脳血管型認知症を早期発見・早期治療するためには?

脳血管型認知症 脳血管性認知症は、アルツハイマー病と併発することもあり、そうなると認知症の症状が重くなることから、認知症予防が広まるきっかけになった病気です。 早期発見、早期治療をすることで併発を防いだり、進行を遅らせることが可能です。…

続きはこちら

レビー小体型認知症を早期発見する方法

レビー小体型認知症 認知症予防について調べていたら、レビー小体型認知症について知ったという人も少なくないでしょう。アルツハイマーよりは知名度が低いですが、レビー小体型認知症は三大認知症と呼ばれているだけあり、非常に多くの人が発症しています…

続きはこちら

アルツハイマー型認知症を早期発見するために必要なこと

アルツハイマー型認知症 認知症や認知症予防と聞いて、一番始めにイメージするのが、このアルツハイマー型認知症です。知名度が高すぎて認知症イコールアルツハイマーと語られてしまうことが多いですが、アルツハイマーは認知症の中の一部です。たしかに認…

続きはこちら

何故認知症予防では早期発見が重要なのか?

認知症と早期発見 認知症の治療には、薬物治療とリハビリ治療があります。どちらの治療法をとるにしろ、早期発見に越したことはありません。 というのも、早期発見の場合、進行を遅らせたり、症状を改善させたりする治療の効果が高いからです。 もち…

続きはこちら

さらに記事を表示する