menu

認知症予防研究所

認知症のサプリメントは安全?被害はないのか?

認知症予防のためののサプリメントが近年多く利用されるようになってきました。ですが、それらのサプリメントは本当に安全で被害のないものなのでしょうか?認知症予防のためのサプリメントで健康被害を出さないためにどういった点に注意すれば良いのかについてご説明します。

認知症予防サプリメントに限らず、各種サプリメントには危険性が少なからずある
認知症予防のためのサプリメントに限らず、各種サプリメントには危険性が少なからずあります。それは何故かというと、サプリメントは特定の成分を一般的な食事などでは摂取できない量を含むように作られているからです。

これは仕組み上「医薬品」である薬を同じです。もちろん天然成分と合成成分などの相違もあります。「医薬品」となるか「サプリメント」は、法律で定められた指定を受けるかどうかという点にあります。このため、海外では医薬品でも日本ではサプリメント。海外ではサプリメントでも日本では医薬品扱いとなる、といったケースが生まれます。

「医薬品」は効果が大きい反面、医師の診断と処方せんが必要です。「サプリメント」にはそのような制限はありませんが、医薬品の様に効果が大きいサプリメントも実際に存在します。
そして、「医薬品」の場合、必ず副作用の危険性の説明があり、医師は患者の体質なども考慮して処方をします。

仮に医薬品並の強い効果を持つ成分を含むサプリメントがあったとして、そのサプリメントを利用する際にはそういった危険性を回避する仕組みを飛ばしてしまうということになります。

このため、認知症予防のためのサプリメントに限らず、全てのサプリメントには程度の差はあれ危険性があるといえるのです。では、被害の出る危険なサプリメントと、効果のあって健康にプラスに働く良いサプリメントを見分けるにはどうすれば良いのでしょうか?

安全ではない認知症サプリメントと被害のない安全なサプリメントを見分ける方法
その最も有効な方法は、ネット上を含めた口コミによる評価や評判を確認することです。実際に大勢の人が使うサプリメントで、健康被害が出ていないのであれば安全だと判断することができます。

つまり、多くの人が既に利用していて、ネット上での口コミによる評価や評判で安全性が確認されているサプリメントや、利用者が多く信頼性の高い会社が製造するサプリメントなどを選ぶということです。現状、これ以上の安全な確認方法はないといえるので、気になる場合は事前にしっかりと調査をするようにしましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。