menu

認知症予防研究所

認知症のリバビリで音楽療法をする場合どんな曲がおすすめ?

認知症治療における音楽療法とは
認知症治療のリハビリとして、音楽療法が一つ有効だとされています。好きな音楽を聴く、歌を歌う、楽器を弾く、ダンスを踊る。どれも音楽療法の一つで、どんな人でも気軽に取り入れることができるのが利点の一つです。認知症予防にも効果的とされています。
介護施設などでは、音楽療法士という専門の資格を持った人を招いて、合唱やダンスなどのレクリエーションをおこなったりするそうです。老人ホームから聞こえてくる音楽にも意味があるということですね。音楽療法士を個人宅に呼ぶという選択肢もあるので検討してみるのも手です。
しかし、音楽療法士に頼むというのは一般的ではないですし、みんなで合唱をするというのも施設にいないと難しいという点もあります。ですので今回は「聴く」をメインにジャンルごとのオススメをお伝えしていきます。

認知症への具体的な効果
曲を聴いたり歌ったりすることで脳の血流が増します。軽い運動をしたような状態になるわけですね。実際歌を歌うのはかなりエネルギーを使います。そうなると脳が働くためのエネルギー源である糖が運ばれる量も増えます。それによって脳が活性化し、認知症治療に効果が発揮されるということです。
具体的には、
行動面では、徘徊、暴力、食行動の異常、睡眠障害、自発性、協調性などに効果があり、
心理面では、不安、興奮、慢性的な落ち込みなどのうつ症状、無気力、妄想、幻覚に効果があると言われています。
また、音楽と記憶は結びつきが強く、本人の知っている曲であれば昔を思い出して脳を活性化させる効果が更に高まるとされています。

音楽療法にオススメのジャンル
・ポップス
過去聴いたことがある曲、好きな曲を流しやすいのがポップスです。昔懐かしい曲を聴かせてあげて下さい。一緒に歌えるのも利点です。

・演歌
演歌は過去を語る曲が多く、昔を思い出すきっかけになります。物思いに耽ってもらうのもいいですし、一緒に歌うのもいいです。演歌が好きな人には更に効果的ですね。

・クラシック
お腹の中の赤ちゃんに聴かせるのもいいと言われているくらいですので、癒し、リラックス効果は抜群です。落ち着いた雰囲気のクラシック曲で脳を活性化させましょう。

・ロック
激しい曲調の洋楽ロックは、気分を高めて、やる気を出させる効果があります。脳細胞も活性化するので、たまには激しい曲もいいかもしれません。

コミュニケーションのきっかけにできる
音楽を聴くというのは、家庭でもできる音楽療法なのでとてもオススメできます。それに、もう一つの利点としてはコミュニケーションのきっかけにできるということがあげられます。好きな曲を教えてもらったり、一緒に探したり、音楽は会話のきっかけとして、とても便利です。認知症予防の際は簡単な楽器を渡して一緒に演奏もできます。そういう意味では、音楽療法は脳の活性化以上に、大きな役割があると言えるでしょう。

関連記事

    • 石川克己
    • 2017年 7月 14日

    担当者さま

    私は次の夏が来れば80歳の大台に乗る老人です。このメールを書いた目的は、昨今の認知症が社会問題化している現状を踏まえ、私にでもできる予防策がないかと、日ごろ考えております。そこで、私がやっているソルミゼーションによる合唱の練習が、その予防に有効なのではないだろうか、と思っております。

    私は大学のとき男性合唱をやり、アカッペラで歌ったものです。そのさい音を拾うのにソルミゼーション(階名唱または移動ド唱法)という手法を知り、個人の歌唱練習に活用したものです。社会人になってほぼ半世紀近く、合唱とは無縁でした。が、リタイアしたところでふと合唱を思い出し、地元の女学院大学における合唱と指揮法という社会人学級(教室)に通い、今年で9年になります。

    この教室では、ヘンデルのメサイアのような大曲を歌いながら、それ以外に単発的な合唱曲も挟みます。後者の単発曲は1週間前にスコアが配布され、次週に全員でいきなり4声(SATB)で歌います。私の場合、ソルミゼーションのおかげで、自宅で2~3時間程度10回ばかり繰り返し練習すれば、歌詞が付けられるまで歌えるようになります。

    ソルミゼーションはこのように、知らない歌でも、正確に歌いこなすのに利用できます。が、そればかりではなく、詳しいことは、やや専門的になりますので省きますが、ピアノなどでなぞって練習したのでは難しい、ハモる効果も比較的速やかに達成できます。

    ヴィクトリアやデ・プレのアヴェ・マリアなど、古来から歌い継がれている名曲を題材にして歌えば、まったく無理なく、しかも楽しみながら、いくらでも長続きします。しかも、楽理の勉強や発声の訓練にもなり、仲間と合唱する喜びを味わうことができます。また、歌詞のラテン語やドイツ語などの発音を勉強することにもなります。云うまでもなく、これ以上ない楽しみを享受しながら、ごく自然な脳トレになりますので、認知症の予防にもうってつけではないでしょうか。

    ご意見などがあれば、折り返しメールを頂ければ幸甚です。

    石川

      • ninchishoyobou
      • 2020年 6月 08日

      石川様

      ご返信が大変遅くなり申し訳ございません。
      認知症予防研究所の小野と申します。

      ソルミゼーションで歌を歌われるのは、認知症やアルツハイマーの改善に大変効果があるものと思われます。
      ただ単に好きな音楽を聴くだけでも効果は認められていますが、その音を正確に聞き取り、声に出して歌うには前頭葉をたくさん使う必要があり、活性化します。

      ぜひとも、お続け下さいませ。
      コメント頂きありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新ニュース