menu

認知症予防研究所

認知症予防として注文を集めるホスファチルセリン【サポートメモリープレミアム】

認知症予防に効果のある成分として、「ホスファチルセリン」が注目を集めています。
正しくは、「ホスファチルセリン」ホスファチルセリン(Phosphatidylserine)といい、初期の頃は牛の脳から作られていました。しかし、狂牛病などの懸念がある事などから現在は大豆から作られます。
ラットの実験では、大豆由来のものでも、牛の脳を使ったものと同等の効果が認められています。
米国FDAでは、ホスファチジルセリンは、高齢者の認知症のリスクを低減したり、認知機能障害を減らす可能性があると示唆しています。

ホスファチルセリンの摂取前と3ヵ月後のデータ比較

ホスファチルセリン摂取3ヶ月比較①ホスファチルセリン3ヶ月比較②

 

 

 

 

 

※データ参照元:日油株式会社 食品事業部ホームページ「健康専科」2012年1月の情報より引用

しかし、ホスファチルセリンの1日の推奨摂取量100mgを大豆で摂取しようとすると、1日あたり3.5kgも食べる必要があり、これはほぼ不可能です。
そこで、認知症予防研究所では、サプリメントとして、「サポートメモリー プレミアム」をお勧め致します。
サポートメモリー プレミアムには、たった1包で180mgを効果的に摂取できます。

<詳細は、こちらから>



サポートメモリープレミアムは、株式会社ハピネスの商品であり、15年以上数多くの健康食品を製造・販売してきた会社であり、安心して購入頂けます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新ニュース