menu

認知症予防研究所

認知症予防とヤマブシタケの有用性

認知症予防とヤマブシタケの有用性について

認知症予防のためにヤマブシタケを利用することの有用性にはどのようなものがあるでしょうか?それにはヤマブシタケに含まれる希少成分であるヘリセノンに注目する必要があります。

認知症の中でももっとも症例の多いアルツハイマー型認知症においては、脳における神経細胞が失われてしまうことによって発症するということが判明しつつあります。ですが、この神経細胞の損傷を防止することができる機能が人間には備わっています。

それが神経細胞成長因子と呼ばれるもので、人間が正常な心身を維持するために元から持っている体の働きのひとつです。ヤマブシタケに含まれるヘリセノンは、この神経細胞成長因子の働きを強化させることができるという性質をもっています。このことによって、脳の神経細胞の損傷を予防し、結果としてそれが認知症予防というメリットに繋がるのです。

認知症予防に有用性のあるヘリセリンはヤマブシタケにしか存在しない

このように素晴らしい働きが確認されているヘリセリンですが、実は自然界においてはヤマブシタケからしか見つかっていません。現在までに、他の多くの植物や動物性原料からはヘリセリンが確認されていないのです。このことからも、ヤマブシタケが非常に貴重なものであるということがご理解いただけると思います。

ヤマブシタケを摂取すると認知症予防にどのような影響があるのか?

この貴重なヤマブシタケを摂取した場合、認知症予防にどのような影響があるのでしょうか?これについては、これまでの研究で実際に知的機能の向上を確認するための試験が行われてきました。

その結果、ヤマブシタケを摂取する前後では、明らかに脳の知的機能が変化し、ヤマブシタケを摂取すると脳機能が活性化するということが判明したのです。

認知症は、脳の機能が低下することによって深刻な症状を呈するようになります。物忘れがひどい、という段階から徘徊したり、怒りっぽくなったり、誰が誰だかわからなくなる、記憶が曖昧になるなどと深刻化していってしまいます。

ですが、ヤマブシタケのヘリセノンによって脳神経細胞の損傷を改善して脳機能を活性化させることができれば、認知症予防をしたり認知症の進行の防止、さらには認知症の治療にまで期待できるのはではないかといわれています。このため、現在ではさらに多くの研究施設や科学者によってヤマブシタケに関する研究が進められているのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。