menu

認知症予防研究所

ARCHIVE2016年 12月

動物と触れ合うアニマルセラピーとは?

動物と触れ合うアニマルセラピーとは? 動物と触れ合うアニマルセラピーは認知症のためのリハビリ療法にも用いられています。 動物と触れ合うアニマルセラピーとは、別名「動物介在療法」とも呼ばれ、人間に対して親しみを持つ動物と交流することに…

続きはこちら

認知症のリハビリ療法とは?

認知症のリハビリ療法とは? 認知症のリハビリ療法を取り入れることで、軽度認知障害(MCI)を改善したり、認知症の予防に効果があることが明らかになっており、医療の現場でも取り入れられています。 認知症の治療においてリハビリ療法はと…

続きはこちら

タクティールケアとは?

タクティールケアは認知症の改善にも用いられる タクティールケアとは、高福祉社会として世界中に名高い北欧にあるスウェーデンで生み出された治療術で、人が人に触れることで治療効果が現れることに注目した看護士によって1960年頃に考案されまし…

続きはこちら

見当識障害とは認知症の中核症状の1つ

見当識障害とは認知症の中核症状の1つです。 見当識障害とは、自分の置かれた状況を正確に把握できない障害のことであり、認知症の中核症状のひとつです。見当識障害では、特に時間・場所・人物に関する識別や状況把握に問題が見られます。具体的には…

続きはこちら

脳血管性認知症で発症するまだら認知症

脳血管性認知症で発症するまだら認知症 脳血管性認知症を発症するとまだら認知症と呼ばれる症状が表面化します。脳血管性認知症は、かつて日本で最も多く症例があった認知症です。生活習慣病であることが分かり、成人病大冊の啓発などが成功した結果、…

続きはこちら

さらに記事を表示する