menu

認知症予防研究所

ARCHIVE2017年 1月

自宅に帰れない認知症患者

近年では、高齢化社会が進んだことにより自宅に帰れない認知症患者が増加しています。様々な要因により、潜在的に認知症となる可能性がある高齢者は4人に1人といわれるようにもなり、国を挙げての対策に乗り出しているのは御存知の通りです。 認知症…

続きはこちら

認知症になると車が運転できなくなる

認知症になると2つの意味で車が運転できなくなるという事態に陥ります。ひとつには能力的な問題で、脳の機能が低下してしまうため適切に車を操作できなくなってしまいます。また、認知症の中核症状では認知機能障害があらわれますので、自分が今どこにいるの…

続きはこちら

認知症になりやすい職業、なりにくい職業

仕事というものは人生において長く付き合うものです。この仕事と認知症の発症率に関連性があることが統計学によって明らかにされています。もちろん、これは「なりやすい」「なりにくい」という一般的な傾向があるだけで、その職業だからといって必ず認知症に…

続きはこちら

軽い運動を続けるだけで大きな効果がある認知症予防

軽い運動を続けるだけでも認知症予防に大きな効果があるということは意外としられていません。認知症は難しい病気なので、それを予防するためには複雑な運動のプログラムや専門家のアドバイスが必要・・・、そのように感じている方もいらっしゃるようです。 …

続きはこちら

認知症のおそれのある家族を病院に連れて行く方法

ご家族が認知症の初期症状に該当するかもしれないと気付いた場合でも、なかなか認知症外来や精神科の通院に同意してもらえない、という悩みを抱えている方は多くいらっしゃると思います。ある調査では、認知症に関わる家族の悩みとして、約半数が「認知症介護…

続きはこちら

さらに記事を表示する

最新ニュース