menu

認知症予防研究所

ヤマブシタケはサプリメントで手軽に続けられる

ヤマブシタケはサプリメントで手軽に続けられる

ヤマブシタケは認知症予防に効果があるとされるヘリセリンを唯一含む食べ物として注目されています。また、ヘリセリンだけではなく、アガリクス茸に含まれる抗ガン物質βグルカンをアガリクス茸以上に含むことでも有名です。

その他、胃腸の症状を改善したり、美容効果もあり、血圧の安定化作用もあります。これらを総合すると、現在日本の高齢者医療で大きな問題となっている認知症やガン、成人病などに非常に優れた効能効果を期待できるということになります。

では、このヤマブシタケはどのように摂取することができるでしょうか?
方法としては2つあります。きのことして生のヤマブシタケを購入し、調理して食べる方法と、サプリメントとして摂取する方法です。

実はこのヤマブシタケ、成分が希少で素晴らしい認知症予防効果が期待できるだけでなく、食味も良いということで有名です。美味しいのですが滅多に手に入らないこともあり、日本では「幻のきのこ」と呼ばれてきました。

お隣の国、中国では古来から四大山海珍味に位置付けられていて、代々の皇帝が欲しがったという記録が残っています。

長らく栽培は不可能だったのですが、近年ついにこのヤマブシタケの栽培技術が確立され、今では普通に購入することができるようになりました。
例えばきのこの栽培で有名なホクトのオンラインショップで購入することもできますし、一部のスーパーでは商品棚に並んでいます。

ですので、これらのヤマブシタケを購入して料理することができるのです。
では、一体どんな料理に使えるのでしょうか?

ヤマブシタケを料理して食べる場合のレシピとは?

ヤマブシタケを料理して食べる場合、そのレシピとしては味噌汁やスープ、オムレツ、蒸し物、炒め物、グリル、カレー、混ぜご飯などが有名です。
ヤマブシタケは味に癖がなく、歯触りも優れているので幅広い料理に応用することができるのです。

ただし、料理して食べる場合は、主にその食味を楽しむことがメインとなります。というのも、まずは価格が高いこと。現段階で栽培が可能だとはいえ、まだまだ高級品であることには代わりありません。その値段は100gあたり1,500円ほどと、高級和牛や本マグロの中トロ並みの高級食材ということになります。
一般家庭で、手軽にというわけにはいかなそうですね。

ヤマブシタケはサプリメントで手軽に摂取できる。

ですが、ホクトの記憶の素のようなサプリメントを利用すれば、1日あたり112円ほどの低価格でヤマブシタケを続けることができます。ヤマブシタケの素晴らしい効能効果を体験したい方は、サプリメントを利用すると良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 認知症とは?

  2. 認知症の検査方法

  3. 認知症予防には有酸素運動

最新ニュース