menu

認知症予防研究所

認知症チェックシート

30点満点中20点以下なら、可能性が高いと言えます。

あなたの年齢は?
前後2年は間違えてもOK 〈配点1点〉
今日の日付と曜日は?
●年(和暦、西暦でもOK) 〈配点1点〉
●月 〈配点1点〉
●日付 〈配点1点〉
●曜日 〈配点1点〉
ここはどこですか?
●自分から返答できた場合 〈配点2点〉
●「①家、②病院、③施設の」中から選択できた場合 〈配点1点〉
これから私が言う言葉を繰り返して言って下さい。
い)か、ろ)のどちらかを選んで出題して下さい。
い):①梅、②猫、③電車〈3つの言葉の内、1つ言えるごとに配点1点〉
ろ):①桜、②犬、③車〈3つの言葉の内、1つ言えるごとに配点1点〉
数字の100から7を引くといくつになりますか?
●正解の場合〈配点1点〉で、さらに7を引いた数を聞いて、
言えた場合追加で〈配点1点〉
●不正解の場合は、さらに7を引いた数は聞かない。
これから数字を3つ言いますので、
さかさから言って下さい。
①4-9-2
②8-1-5-2(①が言えた場合にのみ②も出題して下さい)
〈1つ正解につき、配点1点ずつ〉
4番目に出題した言葉3つをもう一度言って下さい。
●正解できた場合〈配点:1つの言葉につき2点ずつ、3つ正解で合計6点〉
●ヒントを上げて、答えられた場合〈配点:1点ずつ、3つ正解で合計3点〉
これから色々なものを5つ出します。
その後、見せたもを隠しますので、覚えて下さい。
ものの名前を言いながら1つずつ並べて覚えて貰って下さい。
次にそれを全部隠して下さい。
例):文具、たべもの、食器、本、スマホなど無関係なものを出して下さい。
〈配点:1つずつにつき1点〉
あなたの知っている野菜を
できだけたくさん言って下さい。
答えた野菜をメモして、しばらく待っても何も出て来なくなったら
終了して下さい。
〈配点:0~5個:0点、6個:1点、7個:2点、8個:3点、
9個:4点、10個:5点)
合計30点

認知症予防対策方法認知症予防には、下の5つのポイントがある。

1. 食事
認知症を予防するには、バランスの取れた食事。特にきのこや乳酸菌など腸内環境を整える菌類を多く摂る事です。
2. 睡眠
良質な睡眠は、体のあらゆる部分を再生します。一度消滅した脳細胞は再生できませんが、睡眠によって損傷を抑える働きがあります。
3. 運動
朝起きて直ぐの体操から始まり、楽器の演奏や裁縫、料理などは認知症予防に効果を上げています。
4. コミュニケーション
他人との会話は、脳を活性化し、特に異性との会話は認知症予防に効果があります。
5. 接触
手を繋いだり、背中をさすったりといった、他者との触れ合いによって、認知症予防効果があります。

認知症予防食品認知症を予防してくれる食品は、菌類のヤマブシタケに含まれるヘリセノンBが血小板凝集を防いでくれることが分かり、非常に有効である実験結果が出ています。
その他には、乳酸菌やビフィズス菌、イチョウ葉のエキスなどが有用性が認められています。これらは、食品ではたくさん食べにくいものですので、サプリメントも活用して下さい。
食品で食べやすいものは、魚や大豆食品、コーヒーやココナッツオイルなどがあります。

認知症予防のためにははじめに
認知症の増加が大きな社会問題となっている。
現在ドネルベジルが認知症に適応があり、また新しい薬剤が4種発売されたが、いずれもアルツハイマー型認知症に対する適応のみであり、レビー小体性認知症や血管性認知症には有用な薬剤がないのが現状である。そこで長野県中信地方にて昔から認知症に効果があるとされていたヤマブシ茸と北里大などの研究でChAT活性化効果があるとされる加味温胆湯を認知症患者に投与し、その効果を2年にわたり追跡調査を行った結果、ヤマブシ茸の効果が認められた。
水嶋丈雄
水島クリニック
水嶋丈雄
〒385-0052
長野県佐久市市原567-7

認知症予防サプリメントランキング

1位記憶の素 極

ホクトのヤマブシタケ「記憶の素 極」は認知症予防サプリメントの中でも特に優れている商品です。その最大の特徴は、やはり原料のヤマブシタケ。ヤマブシタケは日本に広く発生する食用キノコの一種で、昔、山中で修行をしていた山伏の装束についていた飾りに形が似ていたことが名前の由来のひとつ。他のキノコにはない必須アミノ酸、ミネラル、ビタミン、そしてβグルカンという有効成分が豊富に含まれています。
「記憶の素極」の詳細はこちらから

2位アルツブロック

「アルツブロック」は、認知症予防として有名なホスファチジルセリンや、記憶を留めるヤマブシタケ、脳に良いイチョウ葉エキス、DHA、EPA、大豆レシチンなど多数の有効成分を配合した、東京製薬株式会社の健康食品です。アルツブロックは、徳島大学大学院医科教育学部の山根一彦博士のご協力を得て開発され、知的な健康を維持されたい方にお勧めです。配合されている成分原料は、全て国産であり、安心してお飲み頂けます。

アルツブロック

公式サイトはこちら

3位やわたのDHA&EPA

年齢とともに気になるうっかりに、青魚のサラサラ成分配合「やわたのDHA&EPA」をお勧めします!
DHAを豊富に含む青魚のカツオから独自製法で高濃度抽出。さらに体に嬉しいサポート成分ビタミンEも配合しています。やわたのDHAは、鰹節の一大生産地である鹿児島県枕崎を中心に水揚げされた国産カツオから抽出されたもので、良質なカツオを選定しています。さらにやわた独自製法で高濃度にDHAを抽出するため、抽出された魚油には、DHAが62%も含有。
【やわたのDHA&EPA】

 

4位きなり

認知症予防サプリメントとしてのきなりの効能・効果について。2年連続モンドセレクション最高金賞を受賞した「きなり」が話題になっています。「きなり」はDHA・EPAを高純度で配合したサプリメントで、その効果には絶対の自信があるのか、15日間返金保証までついているので、安心して試すことができます。きなりに含まれているDHA・EPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれ、青魚由来の血液をサラサラにする効能・効果があります。
DHAサプリメント「きなり」

5位プラズマローゲン18000

認知症予防サプリメントの決定版ともいわれるプラズマローゲン18000とは。今、認知機能の低下を予防する認知症予防サプリメントとして、プラズマローゲン18000が注目されています。プラズマローゲン18000は加齢やストレス・寝不足などがもたらす体内での老廃物の蓄積・酸化を改善し、細胞の活性化力の低下を防止することによって物忘れなどの脳の老化現象・認知力の低下をやわらげる効果が認められています。
プラズマローゲン

6位サポートメモリープレミアム

認知症予防サプリメントの中でも、サポートメモリープレミアムが今大きく話題になっています。サポートメモリープレミアムを使用する人は、「同じ事を何度も言ったり聞いたりしてしまう」「物や人の名前が思い出せない」「置き忘れ、しまい忘れ、どこに何があるのかを忘れてしまう」といった方。サポートメモリープレミアムは、初期の認知症の可能性が疑われる段階から摂取することにより、状況の改善を期待することができる「ホスファチジルセリン」を主要有効成分が含まれているサプリメントなのです。
【サポートメモリープレミアム】

7位ジオフェルンZ

ジオフェルンZは、山芋由来の成分を中心として、脳を若々しい状態に保つことで認知症予防の効果を期待できるサプリメント。ジオフェルンZの中核となる有効成分は山芋に含まれるジオスゲニンという物質。ジオスゲニンはホルモンの調整や改善に役立つとともに、神経細胞の傷を修復する機能があります。ジオフェルンZはこのジオスゲニンを中心として、さらに認知症予防に効果的なビタミンやミネラルを配合することで、優れたサプリメントとして完成しました。
「ジオフェルンZ」

8位リラクミン

認知症の予防に最も重要なのは、睡眠です。次に食事や運動、ですが、食事は運動もぐっすり眠るためのものと言っても過言ではないくらい睡眠が大切です。リラクミンには、ラフマ葉(羅布麻)が豊富に含まれており、脳のリラックス成分である「セロトニン」を増幅させ、睡眠・覚醒リズムを調整する「メラトニン」の生成を促進します。その他睡眠を促す8種類の成分を配合!10年以上愛され続けるリラクミンを一度お試し下さい。
リラクミン

9位受験王100

受験王100には、高麗紅参から抽出したジンセノサイドが豊富に含まれており、高い恒常性をもち、様々な角度から心身のバランスを整えます。
また、医学誌にもジンセノサイドは、記憶力に効果を持つと書かれています。認知症予防目的の他、受験勉強でも、心身バランスや集中力の向上、学力にもお役立て頂けます。
受験王は、そんなストレスにさらされる学生の強い味方でもありますので、お孫様と一緒にいかがでしょうか?
528高麗紅参茶【受験王100】

10位高純度プラズマローゲン

TBS「夢の扉+」でも特集され、認知症との関連で注目がさらに高まっている成分「高純度プラズマローゲン」。その摂取により、認知機能改善効果がみられるという九州大学名誉教授、藤野武彦先生の研究内容は大変大きな反響を呼びました。 プラズマローゲンとは脳や心臓、血液など、人の身体に存在するリン脂質(細胞膜を形成する主な成分)の一種。近年の研究で、脳の神経細胞に存在するプラズマローゲンは、脳細胞の根本的な機能に大きく関与している事が明らかになりつつあります。ぜひ高純度プラズマローゲンをお試し下さい。
高純度プラズマローゲン

LATEST ENTRIES

レビー小体型認知症を早期発見する方法

レビー小体型認知症 認知症予防について調べていたら、レビー小体型認知症について知ったという人も少なくないでしょう。アルツハイマーよりは知名度が低いですが、レビー小体型認知症は三大認知症と呼ばれているだけあり、非常に多くの人が発症しています…

続きはこちら

アルツハイマー型認知症を早期発見するために必要なこと

アルツハイマー型認知症 認知症や認知症予防と聞いて、一番始めにイメージするのが、このアルツハイマー型認知症です。知名度が高すぎて認知症イコールアルツハイマーと語られてしまうことが多いですが、アルツハイマーは認知症の中の一部です。たしかに認…

続きはこちら

何故認知症予防では早期発見が重要なのか?

認知症と早期発見 認知症の治療には、薬物治療とリハビリ治療があります。どちらの治療法をとるにしろ、早期発見に越したことはありません。 というのも、早期発見の場合、進行を遅らせたり、症状を改善させたりする治療の効果が高いからです。 もち…

続きはこちら

認知症予防に成功した場合は成功したことに気づけないという矛盾

効果の実感は難しい? 認知症という病気自体、初期の症状では本人や周りが気付きにくいという特徴があります。このことが認知症の治療を難しくしている原因でもあるのですが、予防に関しても同じことが言えます。 認知症の予防策をおこなっても、それが…

続きはこちら

認知症予防で使うサプリメントのメリット・デメリット

サプリメントで認知症予防 手軽にできる認知症予防として、サプリメントが話題を集めています。 認知症の予防には生活習慣の改善など、様々な予防法がありますが、サプリメントは手軽にできて効果も高いという点が人気の秘密なのかもしれません。 今…

続きはこちら

さらに記事を表示する

最新ニュース